MENUMENU

ニキビができるまで~そのメカニズムと種類

皮脂の分泌が活性化する

皮脂の分泌が活性化する

思春期の男子は、男性ホルモンの分泌が活性化し、毛穴の奥の皮脂腺から皮脂が多く分泌されるようになります。女子は、ホルモンのバランスが乱れると、皮脂が多く分泌されます。

毛穴が詰まる

毛穴が詰まる

肌の細胞は一定周期で生まれ変わっており、これをターンオーバー(新陳代謝)といいます。毛穴が詰まる直接的な原因は、ホルモンのバランスの乱れや悪い生活習慣などで、このターンオーバーが上手く行われず、角質(古くなって剥がれ落ちるはずの皮膚の表皮)が硬くなって毛穴にたまる、という角化異常にあります。角化異常が起きているときに、皮脂が多く分泌されると、毛穴は皮脂で塞がれてしまうわけです。

小さなポツン、白ニキビ(面ぽう)ができる

小さなポツン、白ニキビ(面ぽう)ができる

皮脂が毛穴に詰まってくると、ニキビの前段階、微小面ぽう、とよばれるものが生まれます。最初は目に見えないくらいの小さなものですが、やがて白ニキビに成長します。白ニキビは名前のとおり、白いポツポツで、ニキビの初期段階です。

黒ニキビ、赤ニキビへ

黒ニキビ、赤ニキビへ

白ニキビの毛穴が開いて、たまった皮脂が押し出されると黒ずみます。その状態を黒ニキビといいます。一方、炎症を起こし、赤くなったものを赤ニキビといいます。悪化すると化膿し、さらに化膿が進むと毛穴のまわりの組織が壊されてしまい、元に戻らずにニキビ痕(あと)として残ることがあります。ニキビの悪化には、普段から肌に存在するアクネ菌の増殖が影響していると考えられています。アクネ菌は、増えすぎなければ悪い菌ではありません。しかし、皮脂を好み、酸素を嫌う性質から、皮脂でふさがれた毛穴で増殖します。それが、ニキビを悪化させる原因になるといわれています。