MENUMENU

思春期にニキビが多いのはなぜ?

ニキビは、なぜ、青春のシンボルなどと呼ばれているのでしょう。
それは、思春期(12歳~18歳くらいまで)に多く分泌される成長ホルモンが影響し、ニキビができやすい環境―脂性肌をつくるからです。特に男性ホルモンは、皮脂の分泌量を増やすので、脂性肌になりやすく、また女性ホルモンにも一部、男性ホルモンに似た作用のある「黄体ホルモン」があります。「黄体ホルモン」が増えるのは生理前で、「生理前にニキビができやすい」というのはその影響が大きいと考えられます。さらに、思春期は成長ホルモンが盛んに分泌されるわりに、毛穴の成長が追い付いていないことが多く、より一層毛穴が詰まってニキビができやすいといえるでしょう。
つまり、思春期ニキビの主な原因は、成長ホルモンの分泌にありますが、それは人が大人になるために避けられません。上手につきあっていくためにも、さらにニキビができるしくみを詳しくみてみましょう。